トトロの写真日記

トトロの日記です! 毎日は書けません・・・(笑)

大文字 五山の送り火

送り火を4年ぶりに撮ってきました。
どこで撮ろうかと色々悩んだあげく、5年前に行った友達の家の屋上に決定!

候補としては、①将軍塚 ②宝ヶ池競技場 ③出町柳周辺 ④清水寺
などがあったのですが・・・

①は、交通規制をしていて車で行けない。特別席5000円(高過ぎる!)一般は800円で入れるけど、ちゃんと見えるかどうか不確定。
②は、確実に見えるのは「妙」だけ。
③は、「大文字」が見えるけど、人がいっぱいとの情報。
④は、「大文字」が見えるけど、写真を撮るには遠すぎて難しい。

よって、左右の「大文字」が確実に見える友達の所へ。
左大文字の、すぐ近くです。金閣寺の近く。

7時に家を出発。
天気に問題なし(^^)/ 


P1500925.jpg

夏の夜空をいろどる 大文字五山送り火。
祇園祭と共に京都の夏を代表する風物詩の一つです。

午後8時
時間通りに東山如意ケ嶽の「大文字」点火が始まる。

お~~!いい感じやおまへんか!
ここで感動!!!(笑)


P1500931.jpg

今回は東山如意ケ嶽の「大文字」と、金閣寺大北山の「左大文字」だけですが、
このほかに松ヶ崎西山・東山の「妙法」、西賀茂船山の「船形」
嵯峨曼荼羅山の「鳥居形」があり、これらが順番に点火されます。
これを大文字五山送り火とよんでいます。


P1500944.jpg

送り火の起源については いろんな俗説がありますが、不思議と確実なことはわかっていません。

P1500937.jpg

送り火そのものは、ふたたび冥府にかえる精霊を送るという意味をもつ宗教的行事です。

これが一般庶民も含めた年中行事として定着するようになるのは室町から江戸時代以後のことであるといわれています。


いい感じです(^^)/

P1500938.jpg

10分ほどで、火は消えていく。
侘びしさを感じる瞬間でもあります。


P1500935.jpg

右大文字が消えゆく頃、
8時15分、左大文字の点火が始まる。


P1500949.jpg

P1500952.jpg

P1500953.jpg

すぐ目の前なので迫力満点!
火の周りに、人の影が写っています。
貴重な写真かも(笑)


P1500955.jpg

左大文字、マックスです!

P1500963.jpg

写真は同じように見えますが、その瞬間・瞬間で色んな炎が見えます。
これは実際に見ないと分からないです。

今年は大きな送り火を見ながら、
精霊を見送る事ができて良かったです。
また来年、戻ってきて下さいね。


P1500972.jpg

家に帰り家族に「最高やったわ!」と告げると、奥さんが「清水寺も最高やった!」・・・と。
奥さんは、娘と清水寺に行って新しいポイントを見つけたらしい。。。
話によると、「左大文字」「妙」「法」が完璧に見えるとの事。

ホンマかなぁ?
でも、来年は清水寺へ行くことに決定!(笑)
4年前に清水寺で撮った大文字です。
さて、これ以上のポイントがあるかな?


※ 写真をクリック!!
P1130742.jpg




スポンサーサイト

FC2Ad