トトロの写真日記

トトロの日記です! 毎日は書けません・・・(笑)

2012年 祇園祭、宵山&山鉾巡行

今年の祇園祭は、東京の友達と一緒に観てきました。
祇園祭は、初めての方だったので、こちらもプランを色々と立てて頑張りました(笑)

友達(田口佐紀子さん)は、翻訳の仕事をされています。
最近、翻訳された本です。ちょこっとコマーシャル→ここをクリックお願いします。

祇園祭は、ここで何回かアップしています。
参考までに、バックナンバーを読んでいただくと有り難いです。

※ 昨年は山鉾を組み立てる所から書いています。
ここをクリックお願いです。

※ そして4年前には、山鉾巡行の様子と鉾の由来などを書いています。
またまたクリックお願いです。


前置きが長くなりました~(笑)
16日の宵山の様子です。
この日は、36.4度で強烈な暑さ!
まずは、メインの長刀鉾です。


P1490900.jpg

屋根には長刀を持ったお侍さん?が。

P1490904.jpg

僕が大好きな船鉾。
先頭のゲキ(架空の動物)の姿が悠々としていい感じ。


P1490919.jpg

後ろの舵の部分に書かれた、ゲキのデザインが素晴らしい!

P1490921.jpg

せっかくだから、鉾に上がってきました。
受付の時点で、ひとり700円と聞いてビックリ!
しかし、後戻り出来ず(笑)
他の鉾は、だいだい300円なんだけどなぁ・・・
やっぱ、この船鉾は人気があるから高いのか?


P1490924.jpg

こんな階段を上がって行きます。

P1490925.jpg

上では20人以上の人が待っていました。

P1490958.jpg

鉾の中で説明がされてる。

P1490932.jpg

待つこと20分。
ようやく鉾の上に。
そんなに高くはありません。


P1490937.jpg

中は、大変狭いのである。
狭すぎて写真が撮れない(笑)
でも、本番ではここに大人と子供を合わせて約40人乗るらしい。
信じられん。。。


P1490953.jpg

P1490956.jpg

P1490946.jpg

ゲキが間近で見られたので、700円の価値はあったかな?(笑)

P1490948.jpg

P1490952.jpg

これが船鉾のご神体です。
古すぎて怖い(笑)
巡行の時は、このご神体も鉾に乗るそうです。
同じようなご神体が、あと3体ありました。
しかし、あまりに怖いのでアップはやめておきます(笑)

ここで分かったんだけど、他の鉾も巡行の時には、ご神体(人形)が乗っています。
・・・というか、乗ってる人形がご神体なんです。


P1490962.jpg

この後、いろんな鉾を見てまわりました。

P1490966.jpg

各鉾町では、厄除けのチマキを売っています。
これを玄関先に飾っておくと、厄除けになります。
これは、食べてはいけません(笑)
でも、食べられるチマキも売っていました。
500円なり~


P1490970.jpg

P1500023.jpg

これは蟷螂山。
屋根の上にカマキリさんが。
巡行の時は、手足が動いたり羽を広げたりします。
一番の人気者です。


P1490986.jpg

ここでは、カマキリがおみくじを持ってきます。
200円なり~
行列が出来るくらいの人気です。


P1490990.jpg

佐紀子さんも、やってみました。
中吉なり~
ここには、凶や大凶は入ってないでしょう(笑)


P1490998.jpg

P1500002.jpg

もう歩き疲れて、喉もカラカラ。
ビールで休憩です。
昼間から堂々と飲めるので、祭りは最高!
ベルギービール、美味かった~
一気に2杯!!(笑)


P1500008.jpg

6時から四条通は歩行者天国に。

P1500020.jpg

P1500025.jpg

6時半から、八坂神社の舞台で踊りの奉納があるとネットに載っていたので、
四条烏丸から30分以上歩く。

P1500022.jpg

これは失敗でした。
人混みの中、しんどかった~
阪急電車で、烏丸から四条河原町まで行くべきでした。
八坂神社に着いた時にはフラフラ。。。
あまりに暑いので、かき氷を食べました。


P1500031.jpg

八坂神社では多くの人が奉納の踊りを見てました。
でも、たいしたことない踊りだったのでガッカリ(笑)


P1500041.jpg

日が暮れてきました。

P1500045.jpg

お腹がすいてきたので、円山公園の中の店で夕食。

P1500058.jpg

店内はガラガラで、貸し切り状態。
こんなんで、経営は大丈夫?(笑)


P1500052.jpg

ここで、ビールと冷酒をしっかり頂きながら
色んな話をして、最後に翌日の作戦会議をして解散。


そして翌日・・・快晴でした~(^^)/
朝8時30分に東山三条で集合。
地下鉄で市役所前へ。


P1500062.jpg

山鉾巡行は、観る場所で善し悪しが決まってしまうので、
今回は、かなり考えました。
日陰で辻回しがバッチリ見える場所・・・

山鉾が来る、90分前だったのでいい場所がゲットできました(^^)/


P1500074.jpg

10時30分に一番の長刀鉾が登場!

P1500112.jpg

今年のお稚児さん。
お茶で有名な、福寿園のおぼっちゃんです。
右側の子。


P1500105.jpg

辻回しもバッチリ見えます。

P1500103.jpg

この後、次々と鉾や山の巡行が続く。

P1500113.jpg

P1500121.jpg

P1500125.jpg

P1500153.jpg

P1500171.jpg

P1500249.jpg

P1500259.jpg

いよいよ、船鉾登場!

この時点で、この場所に来てから4時間近く経過。
もう限界なのである(笑)
32基のうち、船鉾は23番目。
佐紀子さんと相談して、まだ巡行は終わってないけど、これを最後とする。


P1500323.jpg

なぜか、こんな写真が・・・
撮った記憶がない(笑)
でも、面白いアングル(^^)/


P1500322.jpg

P1500328.jpg

P1500345.jpg

P1500357.jpg

もうお腹がペコペコ。。。
近くのレストランで遅い昼食。
もちろん、ビールをかけつけ3杯!!!(笑)


P1500362.jpg

こうして、今年の祇園祭も無事に終了(^^)/
この日は17万人の観覧者がいて、8人が熱中症で倒れたそうな。
二人とも無事で良かった!
ホント、祇園祭は暑さとの闘いでもあるんです。

P1500299.jpg

祇園祭は、これで終わるのではなく、31日に八坂神社で営まれる夏越祭まで
関連行事が続きます。


他の写真はデジブックにまとめたので、時間のある時に見て下さいね。
ここをクリックよろしくです。



スポンサーサイト

天得院の桔梗

石清水八幡宮の続きです。

八幡宮を見終わってから、まだ時間があったので東福寺へ。
天得院は東福寺の塔頭で、桔梗の花で有名なお寺です。

駐車場で時間を見たら4時前。
う~ん、閉門してるかも・・・と思いながら行ってみると、
なんと今は、夜の特別拝観もしていました。
入れ替えなしなので、夕方から夜まで居てもOKです!
ラッキー!!!

拝観料は500円なり~


P1490895.jpg

ここは保育園も経営しています。

P1490845.jpg

門の上には桔梗の紋が・・・
これは珍しい。


P1490897.jpg

中はそんなに広くはありません。

P1490847.jpg

庭に目を移すと、桔梗の花がいっぱい!
咲いてるかどうかも、情報無しで来たので嬉しかった~(^^)/


P1490850.jpg

白い桔梗。

P1490855.jpg

この落ち着いた雰囲気は苔のお陰ですね。

P1490860.jpg

P1490867.jpg

薄いピンク色の桔梗だけど、分かりにくいね。

P1490862.jpg

足の悪い人の為に、椅子も用意してありました。
優しい心使いです。


P1490880.jpg

P1490876.jpg

西側の庭。
落ち着いて、いい感じでした。


P1490871.jpg

このアングルは、パンフレットからパクリました(笑)
でも、いい感じ♪


P1490887.jpg

ここには優しい空気が流れていて、何時間いても飽きない空間がありました。
初めての天得院に大満足(^^)/
今が見頃ですよ~


P1490874.jpg

P1490894.jpg

他の写真をデジブックにまとめました。
短いので、どうぞ→ここをクリックよろしくです。



石清水八幡宮

流れ橋からの続きです。
石清水八幡宮は、流れ橋から車で10分。
ここも前から行きたかった場所です。


ケーブルカーに乗ること3分で山頂へ。
涼しい風に吹かれて気持ち良かった♪
往復400円なり~


P1490807.jpg

観光神社ではないので、静かです。

ここは、男山(標高143m)山上に鎮座する神社で、平安時代前期に宇佐神宮(大分県宇佐市)から勧請されたことに始まってます。

皇室の祖神を祀ることから伊勢神宮に継ぐ第二の宗廟として天皇家から崇敬され、多くの天皇・上皇が参拝しました。

また、京都の裏鬼門(南西)を守護する神社の代表格として鬼門(北東)の延暦寺とともに公家に重要視されたほか、多くの武家からも崇敬を集めた。

武家の中でも特に源氏から武神としての信仰が篤く、当社からは源頼義による壺井八幡宮や頼義・頼朝による鶴岡八幡宮を始めとして、源氏の広がりとともに各地に八幡宮が勧請されたらしい。


P1490817.jpg

本殿は普請をしたばかりで朱塗りがきれいでした。
写真が暗い(笑)

P1490837.jpg

P1490827.jpg

P1490828.jpg

古い建築物。
ここも、そろそろ普請しないと・・・
怖いくらい古い(笑)


P1490830.jpg

P1490825.jpg

エジソンは、八幡の竹を使って白熱電球の長時間点灯に成功しました。
今から100年以上前の話です。
記念碑もあったけど、見てません(笑)


P1490839.jpg

最後に展望台から京都の街をしばし眺める。
ほんとに静かな神社でした。


P1490842.jpg

デジブックにまとめました。
短いのでどうぞ→ここをクリックです。



京都・八幡の流れ橋

以前から気になっていた、流れ橋を見てきました。
京都駅から車で30分。

電車で行くなら、京阪電車 「八幡市駅」 で降りてバスに乗り換え25分。
この日は車で行きました。

無料駐車場あり。


P1490711.jpg

駐車場から歩いて2分。

P1490766.jpg

この土手を越えたら流れ橋。
青空がいい感じ♪


P1490716.jpg

お~~
この時点で感動!
茶畑の向こうに素晴らしい風景が・・・


橋長356m、幅6m、支間5m、橋脚74基。
1951年(昭和26年)に完成しました。


P1490760.jpg

流れ橋・・・昔から時代劇のロケに使われてる場所です。
有名なところでは、宮本武蔵、水戸黄門、座頭市、必殺仕事人、銭形平次、
暴れん坊将軍、陰陽師、新撰組、鬼平犯科帳­など。


P1490803.jpg

ここで流れ橋の貴重な情報を知る事ができました。

P1490806.jpg

流れ橋・・・大雨・台風などで流れても良いように簡単な造りにして、
流れたら新しい橋を造ってると思っていた。
しかし大きな間違いでした(笑)

こんな構造になっているんです。


P1490774.jpg

P1490775.jpg

P1490776.jpg

P1490777.jpg

P1490778.jpg

P1490779.jpg

いや~勉強になりました。
いつもながら、行く前の予習がない(笑)
橋の写真に戻ります。


P1490725.jpg

P1490719.jpg

昨年、ここで花火をしていて橋の一部が燃えたらしい。

P1490734.jpg

下から見たら、こんな感じです。

P1490741.jpg

橋脚は頑丈に出来ています。

P1490739.jpg

ここで、また資料館からの情報。
昨年の台風で、この橋は流れていたんです。
これも知らなかった~

その時の写真です。
水かさが、ここまで来るとは想像できない。


P1490781.jpg

P1490786.jpg

P1490784.jpg

P1490785.jpg

P1490793.jpg

P1490792.jpg

記録を見たら3年前にも流されてます。
ほんまの流れ橋です(笑)


でも何回も流されると、復旧への費用がかかるので、
ちゃんとした橋を架けた方が良いのでは・・・
との意見もあるらしい。
でも、この流れ橋は残して欲しいですね。


P1490753.jpg

P1490752.jpg

P1490745.jpg

P1490759.jpg

橋の上からの風景。
涼しい風が吹いて気持ち良かったですよ~
期待していた以上の流れ橋に感動でした。

この近くには桜の名所もあるので、
次回は春に訪れてみるのもいいかも(^^)/

P1490722.jpg

デジブックにまとめました。
短いのでどうぞ→ここをクリックです。



FC2Ad